小島 剛

特任准教授/アートコーディネーター

 大学時代に現代音楽のミニマル・ミュージックやミュージック・コンクレートを知り、「音」「時間」「空間」「記憶」の関係に興味を持ちはじめ、ノイズミュージックや即興音楽の演奏を開始。大学卒業後は情報システム会社のコンサルティング部門で地域情報化施策の設計に携わる一方でプログラミングツールの「MAX/MSP」を使ったオリジナルの即興音楽ツールを開発。マイナーだが世界中にファンがいるノイズやフリーミュージックのアーティストとつながり、会社の有給休暇を利用しながら国内外でライブ活動を積極的に展開。

 7年間勤めた会社を退職後、大阪市の1920年代の赤レンガ倉庫を使った現代芸術活動を支援するアートNPOの立ち上げに参画し、サウンドプログラムのディレクターに就任。現代音楽や実験音楽、ニューミュージックなど数々のサウンドアート展覧会やライブイベントを企画。先鋭的な企画や活動はイギリス”WIRE”誌にて紹介されたほか、専門誌やニュース/情報番組で紹介される。

 その後、2010年ごろからはアートを学校での音楽や美術教育の枠を超えた創造性や多様性を育むためのツールとして捉え、小中学校や国内外の様々な地域コミュニティでアートワークショップの企画/コーディネートをスタート。以降、民族音楽、サウンドアート、メディアアート、現代美術、ダンスなどあらゆるジャンルのアーティストと共にこれまでにのべ300箇所、13,000人以上の子どもにアートプログラムを提供している。

[ゼミ紹介]地域アート

 この専攻では、音楽を地域やコミュニティを活性化させるためのメディアとして活用する方法を学生自らが考えて実践していきます。

 社会が多様化する現代においては、音楽と人との関わり方も大きく異なってきました。地域に根ざしたアーティストの登場やワークショップ形式による市民への演奏参加機会の提供、地域の施設を活用して多様な人たちが出会い、気軽に楽しめるような場作りのための仕掛けなど、今や音楽の鑑賞や体験の行為が、まちづくりや地域の活性化のためのコミュニティツールとして使われるような活動が増えています。

 しかし、音楽の専門的な知識を持たず、また地域性を見逃しては単なる”にぎやかし”のためのイベントに陥りがちです。より効果的で面白い企画をつくるためには、地域社会の特性や課題を把握しながら、自分たちが持っているリソースや手法、音楽知識をどのように活用すればより効果的な企画になるのかを「なぜ?」「誰のため?」「どのように?」といった問いに丁寧に向き合いながら考えていくことが重要になります。

そのために、この専攻では地域のリサーチやステイクホルダーとの対話を重視して進めていきます。様々な事例に直接出会い関係者や地域住民の多様な価値観や考え方を学んでいく中で、自分たちの企画力を高め、住民にとっての「幸せな音楽」のあり方を提示していきます。

そしてここでの学びは音楽業界はもとより、教育、福祉、まちづくり、企業のCSR活動など様々な仕事の中で生かすことができるでしょう。

社会包摂/アートプロジェクト/まちづくり/ワークショップ/豊中市庄内/南部活性化


 

 

松田 淳一 

特任教授/舞台芸術全般の制作プロデューサー、舞台監督

 数多くのオペラ、バレエ、ダンス、ミュージカル、コンサート等の企画、制作、舞台監督、技術監督、プランニングを手がける。最近では作曲家の宮川彬良企画事業 「歌劇 ブラック・ジャック」「歌劇 あしたの瞳」「Osaka Sion Wind Orchestra」「パントマイムオーケストラ」「宮川彬良 & 米良美一 ふたりの歌謡ショウ」「アキラさん’Sアカデミー」「ミュージカル・アンソロジー」等を全国で展開中。
 その他、クラシック音楽の録音ディレクター、エンジニアとして、数多くのレコーディングに参加、各録音は『レコード芸術』誌の批評で高評価を得ている。

2019年度 静岡県知事褒賞受賞
(一社)日本舞台監督協会会員
厚生労働大臣認定 舞台機構調整技能士1級

[ゼミ紹介]舞台マネジメント

皆さんがこのクラスを終了する時のイメージは、アーティストとオーディエンスを結びつける、有機的なインターフェイスになる資質を身につけていることです。それには、ただ単に知識や技術の蓄積だけではなく、舞台芸術の現場で何が行われ、何が起こっているのかを認識し、そこに自らの理念や信念といったものを反映させることで、結果を導き出していくことが必要になります。

本クラスでは、オペラ、バレエ、ミュージカル、コンサート、演劇等の舞台芸術やエンタティメントの世界で、実際に何が行われていて、そこに関わる舞台、照明、音響等の様々な領域の機能や技術について、広く深く理解することで、卒業後の自分の未来像をイメージできるように、より具体的な授業を展開していきます。

皆さんが将来の「夢」を見つけられるように、多彩な領域のカリキュラムを用意しています。そのなかに必ず皆さんの「夢」を見つけることができるはずです。
それを見つけることが出来れば、「夢」=「仕事」のスタートです。

キーワードは、「楽しむ」です。アーティストからオーディエンスへ伝えたいモノ、オーディエンスからアーティストへ伝えたいモノの狭間で、技術と感性をよりどころとして、仕事をしていく上で「楽しむ」気持ちが無ければ、伝わるモノも伝わらなくなります。アーティストが100%かと云うと、そうではありません。むしろ、チケットを購入して会場に足を運んでくれるオーディエンスの方が、大切であることに間違い有りません。

ここで2者に挟まれる形で、あなたの真価が問われることになります。この状況を「辛い」と感じるか「楽しい」と感じるかで、あなたの「夢」=「仕事」の図式が違ってきます。この「楽しむ」という気持ちを、将来の「仕事」のなかで持ち続けられるように、四年間、技術と感性を磨いていきましょう。


  

 

渡邊 未帆

准教授/放送デレクター、ミュージシャン、音楽研究者

 小さい頃、ジャズピアニストをしていた祖母に音楽を教わり、音楽の道を志すことに決めました。9年間の大学生生活を過ごしたのち、大学の助手、非常勤講師、ラジオの音楽番組のディレクター、音楽雑誌や書籍の編集・執筆、舞台の音楽ドラマトゥルクといった仕事をし、旅に出たり、自主企画でイベントやライブをしたりしてきました。人として、音楽の「実践―表現―探究」を切り離さずに生きていきたいと思っています。

●略歴

東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院音楽研究科修士課程、博士後期課程修了。「日本の前衛音楽」をテーマに博士号(音楽学)取得。東京藝術大学音楽環境創造科教育研究助手(2007-2010)、横浜国立大学教育人間科学部(北仲スクール)非常勤教員(2009-2012)、東京藝術大学映像研究科(2012-2013)の教育研究助手を務め、早稲田大学法学部非常勤講師として「芸術論」、「表象文化研究」を担当(2010-)。

TOKYO FM系列衛星デジタル音楽放送ミュージックバードのジャズチャンネル、クラシックチャンネルのディレクター(2005-2020)、NHK WORLD ラジオ放送ディレクター(2020-)としてラジオ番組制作現場に携わる。季刊雑誌「アルテス」(アルテスパブリッシング)編集(2011-2013)。「フェスティバル/トーキョー」にてダンス『春の祭典』(2014)、ゾンビ・オペラ『死の舞踏』(2015)の音楽ドラマトゥルクを務めた。

共著に『ジャジューカーモロッコの不思議な村と魔術的音楽』(太田出版、2017)、立花英裕編『クレオールの想像力』(水声社、2020)、細田成嗣編『AA―50年後のアルバート・アイラー』(カンパニー社、2021)ほか。関心は前衛音楽、実験音楽、即興音楽、植民地主義と音楽、マグリブの音楽、カリブの音楽など。

フランス語圏カリブ海の音楽「コンパ」「カダンス」「ズーク」「ララ(カーニバル音楽)」などを演奏する新宿発フレンチカリブ・ビッグバンド「Ti’Punch」主宰。不定形ユニットTACOなどの演奏に参加。

2021年度、大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻に着任。

研究者情報→research map

Twitter→ @quaquipachi

[ゼミ紹介]広報・マネジメント

地域の音楽文化創生のためのイベントの企画/広報、そして地域の人と音楽でコミュニケーションをするための音楽ワークショップなどに取り組みます。つねに開かれたオルタナティブな発想を大切にしていきたいと思います。

#阪急宝塚線ミュージック駅伝MOT!  https://musicekidenmot.org
#京阪中之島線「なにわ橋」アートエリアB1 ミュージックカフェ
#地域音楽ワークショップ

大阪音楽大学ミュージックコミュニケーション専攻 渡邊未帆ゼミ note
https://note.com/mcom_watanabe/


 

 

久保田テツ

准教授/メディアデザイナー

 小学生の頃に「YMO(Yellow Magic Orchestra)」というグループに出会い衝撃を受けたのですが、この出会いは、大きくふたつのことを教えてくれました。そしてそのことは、今も自分の中で、ある種の教訓のように息づいています。

 ひとつは「テクノロジー(技術)が音楽を変える」ということです。シンセサイザーの進化はもちろんですが、例えばサンプラーの出現は、音楽の構造だけでなく、概念や倫理的な部分まで変えてしまいました。あるいは、サブスクリプションの登場によって、音楽の聴き方だけでなく、その所有について考えざるをえなくなりました。そのように、テクノロジーは、音楽表現そのものだけでなく、受け取った側の価値観や社会の制度すら変えていきます。いまここにある「あたりまえの価値」が、実は常にもろく揺らいでいることを教えてくれます。

 もうひとつは「音楽が単に音楽に閉じない」ということです。例えば、YMOのメンバーは、多岐にわたる実践者(ジャズミュージシャン、作家、現代音楽家、美術家、思想家、デザイナー、映画作家、詩人、プログラマー、ファッションデザイナー、編集者、など)と繋がり、双方に影響を与えあっているような状況の中で活動しました。そう、音楽はそれを起点として、あらゆるジャンル、あらゆる領域、あらゆる世界に繋がることができます。世界を知る機会を、矢継ぎ早に投げかけてくれています。

みなさんも、自分の大好きな音楽、アーティストを紐解きながら、視点をどんどん広げていってくれたらいいなと思っています。紐解く時は「どうしてだろう?」という疑問符も忘れずに。

略歴

●神戸芸術工科大学の一期生として、視覚情報デザインを学ぶ。大学を選んだ理由は、ナムジュンパイクというビデオアートの先駆者に憧れていて、たまたま家の近所に映像を触れる大学が完成したから。このとき初めてMacintoshを触って興奮。●大学卒業後フラフラしていたところ「アート好きな社長の会社が人を探してるよ」と紹介されてシンクタンクに入社。初の男子だった。男子一期生。そこで、美術家や建築家と協働しながら進める公共事業の企画マネジメント、文化支援(メセナ事業)のプログラム運営を経験。たくさん学びました。7年ぐらい。●ある時、友人からの「早稲田大学で非常勤やらない?」という誘いに東乗る。映像やWEB(当時風に言えば、マルチメディア)を教える授業を受け持つことに。シンクタンクを辞め、一度暮らしてみたかった東京に移転。●早稲田大学での活動とあわせて、知人の映像プロダクション(Koo-Ki/P.I.C.S)の作品に音楽をつける仕事も。「スペースシャワーTV」や「MTV」、コカコーラや日産や小学館やハーゲンダッツや日東電工などのCMの音楽、サウンドロゴなどを数多く経験。●吉祥寺のクラブで定期的に開催されるクラブイベントのVJを担当。●なんとか生きているうち、シンクタンク時代にお世話になっていた大阪大学の鷲田清一さん(哲学者)からお誘い。大学と社会をつなぐ社学連携の拠点「コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)」をつくるとのこと。プロジェクト実践と大学院生向けの授業がタスク。これまた組織の一期生に。大阪に移転。いまのところ人生史上最高にたくさん学びました。●大阪大学に10年勤務したのち、現在の大阪音楽大学に。「ミュージックコミュニケーション専攻」をつくるとのこと、音楽と社会をつなぐ人を育てたいとのことで「やります」と即答して専攻の設立にかかわる。専攻一期生。いまここ。

[ゼミ紹介]メディアデザイン

「音楽を伝える」ことを考えるとき、そこにビジュアルは欠かせない要素となっています。古くはレコードやCDなどのジャケット、そして現在ではミュージックビデオ(MV)などがその代表と言えるでしょう。現在では、YouTubeInstagramTikTokなどのSNSにおいて新人アーティストを知るなど、多くの場合、音楽との新しい出会にはビジュアル要素が関係しているはずです。ひょっとすると音楽は「目にみえるもの」としてそこにあると言ってもよいのかもしれません。

久保田ゼミでは、音楽とビジュアル、その両者を結びつけるメディア(媒体)のデザインについて実践的に考えを深めていきたいと考えています。場を記録するドキュメンタリー、音楽やアーティストの魅力を伝えるMVYouTube番組制作やライブ配信、モーショングラフィックなど、映像メディアを駆使し、学生自らが制作を通して表現することを繰り返しながら進め、各種のメディアを通して「社会とのつながり」を体現する予定です。あわせて既存の多様なビジュアル作品を題材としながら、その背景にある考え方(アート思考/デザイン思考)についても学んでいきます。

想定される演習:映像制作(動画/静止画)、BGM制作(音)からロゴデザインまで、さまざまなメディアを想定したコンテンツを制作。それに向けて動画編集、DTM、デザイン向け各種ソフトウェア、カメラ機材等の使用方法を指導します。

#メディア #アート #映像 #動画 #編集 #コミュニケーション #ビジュアル #社会課題 #デザイン #表現 #記録 #アバンギャルド #制度 #技術 #テクノロジー #アニメーション #ファッション #あそび #おやつ #クラブ


 

 

西村 理

教授/音楽文化研究者

- coming soon -

[ゼミ紹介]制作・文化資源調査

- coming soon -


 

 

小倉信宏

特任教授

群馬県高崎市出身。高校時代はグリークラブで男声合唱に熱中。クラブOBの先輩が主催する音楽鑑賞サークルの手伝いをする中で、レクチャーコンサート等企画の工夫次第で、音楽の楽しさを人々に伝える可能性が大きく広がることを目の当たりにしたのがアートマネジメントの大切さ面白さに目覚めたきっかけです。東京藝術大学楽理科ではフランス近代音楽史を専攻しましたが、むしろ作曲科や声楽科、器楽科、邦楽科や美術学部などの様々な友人達と接する中で人それぞれの価値観の多様さに気付かされたことの方が今の自分の貴重な財産になっている気がしています。大学卒業後は高校音楽教諭を経て文化庁芸術文化調査官として24年間、文化庁芸術祭や学校巡回公演、芸術関連補助金の審査、運営など国の文化行政に音楽の専門家の立場から携わってきました。こうした現場経験を踏まえつつ文化行政の望むべき理想について皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。


 

 

江南泰佐

講師/音楽家

音楽家(音楽と音にまつわる様々なこと)。大阪大学文学部修士課程卒。1998年以降ラジオ番組のDJとして音楽キャリアを開始。いくつかのバンド活動を経て2008年以降はピアノでのソロ演奏やセッション、そして日用品を用いたサウンドのパフォーマンスという振り幅の広い活動を国内外で開始。2014年自身のピアノを中心としたアルバム『ferment』をリリース。2017年には大所帯非楽器アンサンブルPOLY!を結成。同グループを通じてインスタレーションを思わせるような空間づくりから誰でも参加できるゲームのような場の立ち上げまでを手がける。2021年サウンドエンジニアとして参加した映像作品「gong batu」がROME MUSIC VIDEO AWARDSにてBest Experimental Music Video賞、 Art Film AwardsにてBest Sound Design賞他を受賞。近年はよりサウンドに焦点をあてた活動を開始。「環境そのものを楽器に見立てる」というコンセプトのもと都市部はもちろん瀬戸内海や山村を舞台とした音の展示、サウンドインスタレーション作品に参加。他にも映像作品、ドキュメンタリー、舞台などへの楽曲提供、サウンドデザイン、エンジニアからワークショップ、音楽トークイベントなどを手がける。2020年春から岡山県勝山在住。


ここ数年の参加プロジェクト、公演としては「ホリデー・パフォーマンス Vol.10:大所帯非楽器アンサンブル POLY! 」ロームシアター京都(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2022)、「RAMAYANA LAST MISSION」Nananng Anato Wicaksono(アニメーション音楽/2022)、「何か不足?」岡山県長島喫茶さざなみハウス(地域コミュニティラジオ/2022)、「gong batu」岩本象一(映像作品/2021)、「たそがれもののけハウス」豊中市立ローズ文化ホール(舞台音楽/2021)、「透明の器」Art Theater dB KOBE(舞台音楽/2021)、ほのぼのオールスターズ 2ndアルバム『はらにきゃべつ』NPO法人ハートアートリンク(アルバム制作/2020)、「CORONA」台北偶戯館_台湾(セッション/2019)、「Lacking Sound Festival」藝文展演空間_台湾(セッション/2019)、「サウンドパフォーマンス・プラットフォーム2019」 愛知県芸術劇場(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2019)、「白夜-byakuya- 春に漣む(さざなむ)音楽会」富山nowhere(ソロピアノ/2019)、「HOKURIKU DANCE FESTIVAL ~Extra edition~ 北 陸ダンスフェスティバル 番外編」金沢市民芸術村(ダンス音楽/2019)、「Art Festival KAVC アート ジャック 2018」 KAVC神戸アートビレッジセンター(大所帯非楽器アンサンブルPOLY!/2018)、「金沢21世紀美術館 おーぷんまるびぃ2016 - おどる影絵!まるびぃ満月影絵楽団とともに - 」金沢21世紀美術館(影の色彩ワヤンプロジェクト&江南泰佐/2016)、「鉄道芸術祭」中之島アートエリアB1(音楽トークイベント/2014)などに参加。セッション・共演者にはクラムボン、イルリメ、エマーソン北村氏などのJPOPのアーティストから辻本知 彦氏、伊藤愛氏、森川弘和氏、soupといったダンサー・振付師などがいる。

web enami Taisuke soundcloud    https://soundcloud.com/enamitaisuke
enami Taisuke 快音採取 blog      http://otodamaradio.blog16.fc2.com


 

 

柴台弘毅

講師

- coming soon -


 

 

新免康子

講師

大手監査法人において法定監査に携わり、その後、コンサルティング会社や事業会社で、内部統制の構築・整備・運用を含む上場準備から決算開示業務まで、会社内部における「当事者」としての経験ならびに会社外部からの「支援者」としての経験を積んでまいりました。

現在は、数年前に農業学校で学んだ「土の力」に感銘を受けたことに加え、農業の大切さや農作業の大変さを思い知り、またそれゆえに農家さんを大切にしなければならないとの思いから、「農家さんのお役に立てる会計士・税理士」を目指して精進中です。

 

~教育方針~
人が動けば、お金も動く。
「会計」とは、この「お金の動き=経済活動」を記録・測定・伝達する行為をいいます。
つまり。私たちの身の周りに、常に「会計」は存在していることになります。

「会計学概論」では、この「会計」の中の『財務会計』及び『管理会計』の分野を取り上げ、それぞれの入門・基礎知識を学習していただくことになります。
もしかしましたら、学習してすぐに、これらの知識を活用する機会には恵まれないかもしれません。
ですが、冒頭に記しましたとおり、常に私たちの身の回りに常に存在している「会計」の基礎知識を身に着けておかれることによって、みなさんが社会に出て独り立ちをされる頃には、そこがお仕事の場であれご家庭であれ、様々な経済活動・お金の動きを記録したり管理したりする際の「よりどころとなるもの」を手に入れることができるはずだと考えております。

「会計は身を助く」です。一緒にお勉強してまいりましょう!!

 

 

~学歴・資格~
関西大学法学部法律学科 卒業
公認会計士
税理士
農業経営アドバイザー(正式名称「日本政策金融公庫 農業経営アドバイザー試験 合格者」)


 

 

丸井隆人

講師/ウェブデザイナー

インターネットの黎明期とも言える1990年代前半に美術大学で学生時代を過ごし、パソコン通信からの遊びの延長上で見様見真似でウェブデザインを学び(今ほど複雑化していないオープンソースのウェブはそれがとてもやりやすかった)、関わったアートプロジェクトや地域活動のサイト構築を任されるうちに漠然と職業化する。アート関連を軸に出版社や個人アーティスト、シンクタンク、NPO、商品サイト等を手掛け、ゼロ年代半ばあたりから大学の学科、研究室のサイト構築および保守管理に携わるようになる。その頃より大学でウェブ構築の実技講座を受け持つようになり、現在に至る。

そのデザイン仕事とは別に、戦前に画家を志しながらも不遇に終わった祖父の遺作品を展示・プロデュースする活動をライフワークとしていて、代表作が日本美術全集に掲載されるなど、20年以上続けてきた活動が徐々に実を結びつつある。

音楽は専門領域ではありませんが、オタ目線は結構共有できると思います。


   

 

増田聡

講師/音楽学・メディア論専攻

昭和末期の九州の田舎の普通の中流階層でのんびり育ってきました(といっても、もはや21世紀生まれの皆さんにはイメージできないのかもしれません。水洗トイレが自宅になく、それがとても憧れだったような暮らしです)。音楽について特段の専門教育を受けて育ってきたわけでもありません。幼少期のオルガン教室、小学校高学年での市立合唱団、高校のブラスバンド部、およびそれ以降のロックバンド経験程度です。

ただ、音楽やその周囲のことについて考えることについては、「音楽を学ぶ」皆さんやそこらの人たちよりも長年ずっと深く広く徹底してやってきておりますので、「音楽について私が考えたことをお話しする」ことについては皆さんが生まれた頃くらいからずっとやっている「ベテラン」といってよいのかもしれません。ですので「音楽大学」という制度については昔からずっと、くだらないしあってもなくてもどうでもいいものだと考えております。音楽なんてみんなが言うほどそんなにたいしたものではない、あってもなくてもどうでもいいくだらないものにすぎない、と固く信じながら、私はずっと音楽とそれをめぐる思索に夢中だったからです。


略歴

大阪大学文学部美学科卒業。大阪大学大学院文学研究科芸術学専攻修了。博士(文学)。現在、大阪公立大学大学院文学研究科文化構想学専攻教授。昔はいくつか本や論文を書いていましたがここ10年くらいはツイッターしか書いていません。関心をもった人は検索すれば何をやっているかわかります。関心がなければ知らないままでよいです。